ほうれい線を消すには「プチ整形」が必要?

ほうれい線の原因のひとつとして「たるみ」が挙げられます。 これはお肌の弾力が失われるためですが、このお肌の弾力を維持するにはコラーゲンが重要な役割を担っています。

なんといっても、皮膚の奥深く、お肌の代謝や水分を守る役目を担当している「真皮」という場所の約7割は、コラーゲンでできているのです。

コラーゲンは年齢と共に減少していきます。 そこで多くの方が注目するのがコラーゲンのサプリや化粧品などです。しかし、化粧水などの場合、コラーゲンは真皮に届かないといわれています。コラーゲンは大きいので、細胞の隙間から入って行くことができないのです。

しかしコラーゲンは保湿力に長けていますから、お肌の保湿にはとてもよい効果を発揮します。つまり、水分不足で発生する小さなシワなどであれば、これで解消できるというわけです。 これはほうれい線にも言えることで、まだ薄いほうれい線ならば間に合うかもしれませんね。

しかし深くなってしまったほうれい線には、ただ塗ったり飲んだりするだけでは太刀打ちできません。 マッサージなどでもだめならば、思い切って美容外科に駆け込むのもよいでしょう。

美容外科では、メスなどを使用しないプチ整形などがあります。シワをとるのもプチ整形の分野です。 具体的な方法はというと、加齢によって減ってしまったコラーゲンなどの美肌成分を、ほうれい線のシワの部分に直接注入します。

注入の方法は、ごく小さな細い針で注射するというものです。 これで溝が埋まり、シワが目立たなくなるというわけなのですね。

しかし、注入すればもう大丈夫という訳ではありません。コラーゲンはやがてお肌の中で定着し、吸収されていきます。定期的に注入する方が、やはりほとんどなのだそうです。

プチ整形でも埋められないほどの酷いほうれい線の場合は、フェイスリフトという手段もあります。

これは、顔の皮膚を切り、吊り上げるというもの。たるんだ皮膚を伸ばして綺麗に見せてくれ、効果はプチ整形と違って半永久的だと考えられています。 どんな処置を行うかは、ほうれい線の度合いや体質などの問題もありますから、担当医とよく相談して決めましょう。

ページの先頭へ