外科手術で小顔になる? | ほうれい線を消すには

あらゆる方法を試したけれど、何をやっても小顔になれない。という方は、遺伝的な問題や、骨格矯正では直せないような骨の異常であることも多く、その時に活躍するのはやはり外科手術でしょう。

整形と聞くと整形大国である韓国を思い浮かべる方が多いかと思いますが、あちらはそもそも美容整形を受ける人口が日本の10倍以上いるため、その分費用も安く、医師の経験が豊富になっているためで、決して日本との医療技術に格差が存在するわけではないのです。

何かにつけて日本の医療業界はマスコミに叩かれやすい昨今ですが、実際には日本の医療技術というものは世界各国の中でもトップテンに入る列強であり、とくに整形技術に関しては先進国の中でもかなりの部類に入っています。

「小顔になる」という目的で多く行われている美容整形は頬の骨を削ったり、エラ骨を削ったりというものが多く、近年ではこの手術を受ける方がかなり増加傾向にあるようです。

この「エラ骨削り」は手術日から退院まで約10日ほどかかり、術後の経過を看る期間も含めると、個人差はありますが約3週間ほどかかるようです。

費用もやはりそれなりにかかり、術後の制約も多く、生半可な覚悟ではなかなか踏み切れないものでしょう。 しかし、美容整形というものは他のどんな手段よりも確実性が高い、ということは誰もが認めることではないでしょうか。

また、すっきりとしたフェイスラインを作るための「頬骨削り」は「エラ骨削り」よりも大掛かりな手術になるため、術後完全な状態になるまでは1ヶ月以上もかかるようです。

このため、どのような手術であっても、しっかりとした医療施設を選ぶのが最も大切となってくるでしょう。

美容整形は後の一生を左右する行為であることをしっかりと認識し、後の後悔とならないよう、しっかりとしたリサーチと計画性を持って受けることが重要です。

ページの先頭へ