ほうれい線を消す、小顔のための舌を使ったエクササイズ

現代では食文化の進歩により、わたしたちの食生活の豊かさも相当なものとなりました。

それに伴い、巷では数々の食品にも改良が加えられ、消化吸収の面や栄養価の変化などとともに、本来堅い食品が柔らかくされるまでに至っています。

そのため我々現代人はしっかりと物を噛む機会が少なくなり、それに応じてあごなどの顔の筋肉が弱りやすい傾向があらわれはじめました。

これにより顔の肉を持ち上げる、いわゆるリフトアップの力も弱くなり肌がたるみやすくなっているのが現状です。

これには表情筋を鍛えることによる対策が効果的で、これも様々な方法が編み出されていますが、ここではほうれい線を消すために、舌を有効に利用したエクササイズの方法を紹介していきたいと思います。

まず、口を閉じた状態で舌をくちびるの裏側を這わせるようにグルグルと周回させます。 数十秒行ったら今度は逆回転で行ってください。

これは、やっている最中にゴリラのような顔になることから「ゴリラ体操」というユニークな名前で呼ばれており、口周辺の口輪筋と呼ばれる筋肉を収縮させることで効果的に鍛えることができるのです。

他にも、舌を口の外に出し、上下左右それぞれに目一杯伸ばし、曲げてみることもいい運動になるでしょう。

舌の筋肉はアゴや首付近と繋がっており、これを鍛えることでたるみ以外にも二重アゴの防止などにも及びますので恥ずかしがらずにしっかりと行ってください。

またこれには舌を動かすことで脳への電気的な刺激を行い、脳細胞の活性化を促す効果もあり、さらに舌そのものも筋肉も当然鍛えられるため、発声の美しさも向上する傾向があるようです。

舌というものは顔の中で最も稼動域の広いパーツであり、それゆえに使用頻度も高いものですが、動かせる限界まで動かすというのは日常的にまずありえないことです。

つまり、意識して使わない限り効果的に鍛えることはできません。美肌ドリンクを飲む以外にも、こうしたことを念頭に置いて毎日のエクササイズを欠かさないように注意していきたいものです。

ページの先頭へ